忍者ブログ
自転車のことなど…新潟市から発信
[246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

王滝が終わり鳥海山MTBがあと2週間を切ったが、王滝シンドロームなのか、体が重くて自転車に跨る気分にならない
いまさらながら、3回目の王滝の感想など

~TREK多いな~
私の跨る、「GIANT」は思ったより少なくて感覚的には
TREK・スペシャライズドが多いかな?特にTREKが多い印象
 
~ハードテールも案外多い~
予想以上にハードテールが多い。
ハードテールでよく下れるなぁと思うが、登りでハードテールのバイクにスイスイと抜かれていくと、やっぱり軽そうだなぁと思う。
重量のアドバンテージを考慮すると、ハードテールでも大丈夫ということなのだろう。

~ツワモノ~
フルリジット・ドロハン(シクロ)・小径(20吋)・シングル等チャレンジャーは多い
特に、ショックを吸収しない、シクロやフルリジットの下りは、「脳みそ揺れていそう」な感じで、真似できない。
細いホイールを見ていると壊れないのか心配である。

~後から見て美しいマシン~
走行中に後から見ていてカッコイイのは、細いフレームのクロモリマシン
王滝で見かけたメーカーはVOODOOやテスタック、ほか
クロモリバイクは塗装の色も非メタリックの単色が多く、レーシーでない所が良い。
私もいつか乗りたい。

~いつかは、パンクするのだろう~
3回挑戦して、まだパンク経験のない私であるが、王滝だど大抵、下り終了後パンク修理している人がいる。
今年も、20人以上は見かけたと思うので、全体にすれば相当数パンクしていると思われる。
そんななか、今回も軽さ重視でケンダスモールブロックエイトで出場したのだが、やっぱり薄いのでパンクの恐怖から逃れることは出来ない。
しかし、軽いタイヤを使ってしまうと、重いタイヤには戻れない…

~空気圧~
前回5月から、チューブドタイヤ2.1インチで前後とも2.25気圧(33psi)。下りでも、腕に負担のかかる感じもしないし、パンクもしなかったので、しばらくこの設定で固定。
 
~補給食~
概ね1時間で150kcal程補給するのが理想みたいなのだが…「タイムを少しでも早く!」とか「あいつに勝つ!」的にアドレナリンが出ていない限り、ジェル系の甘い補給食を食べ続けることは出来ないと悟った。
CPで制限時間に余裕を感じて以降、甘い補給食とか食べる気がしなかったが、口に入れなくてはバテるのでしかたなくといった感じだった。
口直し系のしょっぱいお菓子と交互に食すとか、渋い茶やコーヒーでも前ボトルにいれようかと本気で考えている。やっぱりアスリートにはなれないのだろうか?

~忘れ物をしない~
前回は携帯工具、今回はスタンドを王滝の駐輪場に忘れてきた。
安価なものだったが、無いと不便、洗車もろくに出来ない。(AMAZONで注文済)
 
~帰りの渋滞~
片道1000円はうれいいのだが、渋滞は避けられないようだ。
こんなところ(妙高付近)でなんで渋滞するのだろう?と思ったが、やはり行楽での渋滞だそう。
一旦降りて渋滞区間を回避するのもありだと思う。1000円出費が増えるが、下道は空いているだろうし何より早く帰りたい…
 
~次回からの目標~
『体重を落として走る』これに尽きる。
王滝で落ちた体重も、3日で元通り以上…

痩せればもっと楽に早く走れると思う

 



写真は信州ふぉとふぉと館さまのHPより


PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]